ネットビジネス,物販アフィリエイト,サイトアフィリエイト
yaji-010yaji-010
苗字/ニックネーム可
メールアドレス
※登録後30秒以内にメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認下さい。


2014年1月現在ネットビジネスで使うPC(パソコン)ベストスペックは?

cb350

 

気付いたら現在使っているパソコンも購入から5年位経ち、

少しずつ不具合も出てくるようになりました。

 

 

今はネットビジネスでパソコンを使用しており、

パソコンが止まると私の仕事も止まり仕事にならなくなります。

 

 

そこで完全に壊れる前にパソコンを新調すべく秋葉原に向かい

様々なパソコンショップに行き多くの店員さんと話しました。

 

 

 

099

 

多くのパソコンショップの店員さんと話していくと、

私の想定外の事を結構言われたので、他のネットビジネスを

されている方の参考になるのではないかと考えこの記事を書きました。

 

 

ちなみにこのお話は最新のゲームや動画編集を

バリバリ行う人には当てはまらず、ネットビジネスで

複数のWEBソフトを立ち上げたり、バックグラウンドで

音楽や映像を流す位だが、ネットビジネスでは

ガンガン使っていくような使い方の人用だという事を認識して下さい。

 

 

また私は自作PCで筐体などは購入せずパーツだけを購入しましたが、

普通にパソコンを購入する方にも参考にして頂けると思います。

 

 

 

CPUについて

CPU

 

今回最も驚いたのがこのCPUの選び方でした。

 

 

色々とネットで調べていく中で、i7までは必要無くとも、

i5位の性能は必要だと考えていったのですが、

ビジネスで使用するほとんどの方はi3で十分ということを

多くの店員さんに言われました。

 

 

理由は

  • i5やi7が持つ新しい性能に対応しているソフトはまだ少なく
    十分に性能を生かし切れない。
  • 消費電力や温度などもi5やi7は性能の高さと同時に高くなっており
    性能を使いこなせてない上にうるさくなりがち
  • 上位のモデルは少しの性能差で金額の上昇率が大きくコストパフォーマンスが悪い
  • ハイエンドのCPUはマニアや本当に少しの性能差を求めるプロが買うもので、
    真ん中くらいの性能が一番コストパフォーマンスが良い。
  • 少しの性能差で数千円から数万円上がるならその値下でSSDを購入したほうが
    体感効果が上がる。

という理由でした。

 

 

今の僕の使い方だとi3で十分という結論に落ち着き購入しました。

 

 

CPUは同じシリーズでも世代を合わせないと、

正確な性能比較が出来ませんが、今回のお話は

最新の第4世代デスクトップ用CPUでの話です。

 

 

 

OSについて

Windows8.1

 

OSに関してはWindows7かWindows8.1は

使い勝手の違いはありますが、致命的な問題点は無いので

どちらでも良いです。

 

 

安定感を求めるならWindows7で、

長く使いたい。または新しいものが良いなら8.1との事でした。

 

 

ちなみに僕はWindows8.1を選択しました。

(僕が新しもの好きという事がバレた瞬間です。)

 

 

但しどちらを選択するにしても

必ず64Bit版を選択して下さい。

 

 

64Bit版を選択しないとメモリを4GB以上認識しないからです。

 

 

今は結構メモリを食うソフトが多いので

ここは4GB以上のメモリを認識する64Bit版を選択します。

 

 

 

メモリについて

メモリー,memory

 

今購入するならDDR3という規格になると思うので、

その規格ならどんなものでも良いです。

 

 

容量は8GBもあれば充分です。

 

 

またスロットも現在のマザーボードですと

4スロットはついていますので、足りないと思ったら

後で足すことが可能ですので、4GB✕2で購入しておけば

拡張性も確保して使用することが出来ますね。

 

 

 

記憶媒体に付いてHDD?SSD?

ssd

 

記憶領域についてはどの定員さんも『SSD』を強く押してきました。

 

 

CPUで高いものを購入するならCPUのスペックを

落としてでもその差額でSSDを買うべきとの事です。

 

 

実際使用するとこのSSDにして本当に良かった

と思うくらい一番体感速度が高かったです。

 

 

おそらく今のパソコンで一番のボトルネックなのが

HDD(ハードディスク)ですね。

 

 

私もパソコンを新しくするなら

SSDを強くお勧めします。

 

 

もしデータ量がたくさんある。

 

 

という人はSSDにOSを入れて、データをためる場所は

HDDとしたほうが良いです。

feature-img01

 

 

 

そうすると1個HDDを余分に買うことになりますが、

今は1TBでも5,000円程度で購入できますし、

今まで使用してきたHDDが空きますので、

そのHDDがまだ使えそうであれば

そのHDDをデータ保存用に使用できます。

 

 

それくらいSSDは効果がありました。

特にOS起動時は信じられないくらい早いです。

 

 

 

マザーボード

H87-PLUS

 

クロックアップ等を行わないのであれば、最低限のもので充分です。

私はASUSの『H87-PLUS』というマザーボードを勧められ購入しました。

 

 

もちろん使い勝手等全く問題ありません。

 

 

 

まとめ

今回のパソコンパーツを一式買ってみて最も重要だと思ったのは

  • OSは64Bit版を選択しメモリを4GB以上
    認識できるようにする事と
  • 記憶媒体はSSDを使用する事

の2点でした。

 

 

特にSSDに関してはハイスペックなCPU(i5やi7)を買わずに

SSDにつぎ込んで良かった。

 

 

と思うほど体感効果がありました。

 

 

今回購入した商品の一覧を作りましたので、

もしPC購入を検討されている方は参考にして頂けると幸いです。

 

 

 

今回の購入商品一覧

ツクモ電機

 

最終購入店は秋葉原のツクモexで購入することになりました。

 

 

ツクモ電機は店員さんの知識が圧倒的で、値段もトップレベルに安く、

保証も非常に充実しているので迷うことなく購入しました。

 

 

みなさんもよくわからないけどパソコンのパーツを

買いたいと思ったらツクモ電機がオススメです。

 

 

OS:Windows8.1 DSP版 ¥15,980

マザーボード:ASUS『H87-PLUS』 ¥7,056

CPU:Intel COREi3-4330 ¥13,800

メモリ:TEAM社DDR3 4GB✕2 1600Mhz ¥7,660

SSD:インテル 335Series 240GB ¥19,000

HDD:今まで使用していた物を使用

 

 

ネットビジネス,物販アフィリエイト,サイトアフィリエイト
yaji-010yaji-010
苗字/ニックネーム可
メールアドレス
※登録後30秒以内にメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認下さい。

このページの先頭へ